Menu

入れ歯・インプラント

Home

入れ歯

チタンキャストプレート
チタンキャストプレート

近年ゴルフクラブやメガネ、腕時計などに使われている最先端金属”チタン”を素材にした入れ歯です。チタンは軽いだけでなくアレルギー反応を起こしにくい、体にとても優しい金属です。

コバルトクロムプレート
コバルトクロムプレート

保険入れ歯の約3分の1の薄さで、熱の伝わりも良く快適な状態で永くお使いいただくことができる入れ歯です。

スルフォンデンチャー(保険適用)
スルフォンデンチャー(保険適用)

においや汚れが付きにくく、においを気にする方におすすめです。その上、熱に強く煮沸消毒ができ、清潔さを保てます。耐久性にも優れ、破損しにくい入れ歯です。

ソフトデンチャー
ソフトデンチャー

入れ歯をはめると、歯茎やあごの骨の形により痛みを感じる場合があります。そんな場合にはソフトデンチャーがお薦めです。弾力のあるゴム状の樹脂を使用しているため痛みを感じません。

プレミアムデンチャー
プレミアムデンチャー

弾力性の高い材料により薄くでき、お口の中が快適です。見た目にも歯ぐきと色が同化しているため、一目では区別がつきません。また、金属バネがないので金属アレルギーの心配もありません。

インプラント

インプラントとは

インプラントとは

歯を抜いてすぐの方から全部ない方までに広く応用されています。インプラントは「第二の永久歯」と呼ばれています。入れ歯などで見られる金具が見えない為、美しい状態に見られます。人工歯根の材科は「チタン」という金属で、骨と強く桔合する性質を持っています。そのため、自分の骨と人工の歯が直接結びつき、自分の歯と同じようにしっかりと噛むことができます。

インプラントのメリット

インプラントのメリット

たとえば、1本歯が抜けたとします。そういった場合、従来の治療では周りの健康な歯を削ってブリッジにしたり、入れ歯をするしかありませんでした。
どちらも健康な歯への負担が大きく、必ずしも歯にとって良いとは言えませんでした。その点、インプラント治療は周りの歯に負担をかけない健全な治療法として現在注目されています。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

まずはレントゲンなどで診断を行い、治療計画を立てます。
→局部麻酔をして歯ぐきを開き、骨の中にインプラントを埋め込む手術を行います。
→患者様により個人差はありますがインプラントを骨がつくのを3~6ヶ月待ちます。
→インプラントと骨が完全にくっついたら、アパットメントを連結し、歯ぐきがしっかり治療したら上に差し歯を装着して終了となります。
インプラント療法は全ての方が行えるものではありませんので、まずはお気軽にご相談ください。